育児仕事結婚離婚恋愛等々


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Profile
Recommend
ぼくのキャノン
ぼくのキャノン (JUGEMレビュー »)
池上 永一
どうにも止まらない村の話。オジイオバアが生涯現役。そしてちょっと切ない。
Recommend
きみの友だち
きみの友だち (JUGEMレビュー »)
重松 清
「ひとり」は「ひとりぼっち」じゃない。「みんな」でいるほうが「ひとりぼっち」だったりする。
「みんな」って便利な言葉だけど、どんどん「みんな」になっちゃうのは怖い気がする。
Other
Mobile
qrcode
大好きな
会う時はいつも嬉しそうな顔。
そんなに嬉しい顔して大丈夫?
ってくらい。
一緒に写真を撮れば
「俺が笑ってる!?」
なんて驚いてるし。

今日は嫌な人(近年稀に見る)が来る日。
嘘でもいいから好きって言ってとお願いしちゃうくらいの気合が必要。
「大好き」って言ってくれて応援してもらう。

好きを思い出してくれたらいいんだけど、あんなに私のこと大好きそうなのになあって不思議。
以前の「好き」をどう捉えてるか分からないけど、今かなりの勢いで大好きそうに見えると教えてあげると嬉しそう。

新しい好きを創り上げてく方が早いんじゃないのかなって提案。
新規プロジェクトは大変だけど。
そうだねって言ってた。

しかし。

一緒に撮った写真が親子にしか見えない。

だからって若く見せるための努力は全くできないけど。


小さい恋愛 comments(0)
打って変わって
彼は高次脳機能障害を抱えてる。
病気の後遺症として。
これこそ明日は我が身だけども。

その中でもいろんな障害の種類あるけど
私が気に入らないのは
「好きって感情がわからなくなった」
ってやつ。

前は分かってたそうだけど。
だから私には「好き」って言ってはくれない。
「会いたい」「一緒にいたい」「ずっと一緒にいたい」だけ。
それで十分くらいに言ってくれるし会うための努力はめっちゃしてくれてる。
まぁ高次脳機能障害でもまずまずな方だとは思うんだけど、道が覚えられない(私なんか障害なくてもそうだけど)ので、なにかあってはということで親の送迎があるのだ。
だから、私に会うためには説得から始めなくてはいけない。
休みも微妙に合わないのと、お母さんの気持ちは分かるが心配と好奇心が山盛りなのが分かるので詮索を上手くかわしつつ説得するという、高度な脳みそ使用する努力を惜しまずにいてくれてる。

病気になってから泣いていた話や、
できなくなった、たくさんのこと。
病前の(エリートな)彼と今の彼。


病気してからデートの日みたいな幸せな日はなかった。
そんなこと言われたら!

そしてお約束ギャップ萌え。

だって竹だって、「そんなこと言うように全く見えない」ところの優しさ(分かりづらいけど)に撃たれて、それを全く超えられる人なんかいなくて今だし。

あー、ハカセだからタロウにするか。
タロウさんも全然そんな感じじゃない。私の前ではニコニコ嬉しそうだけど、他ではムスーっとしてる。
そんでそんなかわいいこと言ってるんだもん、ギャップ萌え萌えdeath。

でも「好き」を思い出してほしいな。


小さい恋愛 comments(0)
消したいのを我慢
ジャーナリスト魂とでも言いましょうか。
いえ、ジャーナリストになったことはないんですけど。

消したいんですよ、クソみたいな日々の記事。
だけど消さない。
生きてきたのを否定しちゃいけない。
我慢我慢。


あんなのを「最後の恋」なんかにしてたまるか!
と日々を過ごしてたけど、出会い系やら何やらじゃないところで次を見つけたわけ。

このカテゴリで書くのはもうおしまい。
書くなら何かされた時とかだろうから、書かれないことを望む。
Rest In Peace クソ恋愛もどき。


最後にならないだろう恋 comments(0)
デート
横浜でデート。
2人で会うのは初めて。
手をつないでおしゃべりして
ただ一緒にいるだけで良くて
歩いてただけ。
どこでもなくうろうろ。
あっという間に帰らなきゃいけない時間が来て、
駅でチュってして帰った。


なんてかわいらしいの!?
9歳下ってだけじゃなく、
ティーンエイジャーみたいじゃない!?

いや、食べたお菓子の粉をほっぺに付けてる私に至っては幼児だけど!
恋してる男じゃなきゃ引きますよ!

でも、病気する前は分かっていたような「好き」の感覚が分からないから「好き」っては言わない、なの。
ただ、「会いたい」「一緒にいたい」「ずっと一緒にいたい」って言い続けてくれる。
あ、そんなこと言って既婚者とかは絶対にないので(一応)ご心配なく。

「病気してからこんな幸せだった日は覚えてない」
とまで言われたら、やっぱ嬉しい。

なんの気もなく竹のことも最近のおじいさんからのオファーも妄想爆弾もネットストーカー元カレのこともカッコつけずに話してて、だから一体どうして!?なんだけど。
相性かなあということになってるけど。そうかもね。

私が感じるのは
「言葉がまっすぐに届く」
ってこと。
彼からの私への言葉も、その逆も。

電話も出来ない。
なかなか会えない。
会っても短時間。
彼の家の近所だけ。

そう、今ちょっと症状が安定してないから、お母さんが心配してて。
家で電話は恥ずかしいからできず(逆に会社で昼休みはできる)
苦労を拾って歩いてるかもでも
家に引っ張り上げることもないわけで。
いいの。
若さの秘訣だと考えて胸キュンしますdeath。


小さい恋愛 comments(0)
先生からの手紙
春に30年ぶりの再会を果たした先生から手紙が。
珍しいし嬉しいなって思って読んでみると。

小さい頃に辛かった話、性的イタズラと母の眼差しのこと、を話してくれたのに私は何も言えず黙ってた。専門書にあるように「あなたは悪くない」「あなたのせいじゃない」言うべきだったのに情けなく思う。
私はハニヨちゃんを忘れません!一緒に暮らした1年。いろいろ話したことを忘れません。あなたの話すことや、雰囲気が大好きでした。今までもこれからも大好き!

そう書いてあった。
私はなんて運のいい子どもだったんだろう。
こんな先生に出会えて。

先生にはいつも恵まれてた。
先生だけじゃない、友達に、
人に恵まれてた。
恵まれすぎてたんだと思う。
たまに躓いたって、総じて恵まれてる。

もうじき死ぬんじゃないかと思うくらい、
オセロの黒が全部白にひっくり返るような気持ち。

私の、きっと人生で一番辛い時期を一緒に、そばに寄り添ってくださってた先生。
遡って、生きててよかったのかなって思えるような気がして
ちっとも涙が止まらない。

私が自分を受け容れられるように。
このタイミングでそんなお手紙をくださるなんて。

縁切祈願で良縁を結ぶというか、既存のご縁が私を護ってくれてる気がする。

ありがとうございます。


新しひ主婦の暮らし comments(0)
良縁なんすよ

週明けから新しい事務の女の子が入る。

彼女は運悪く「とりあえずのつなぎで入れて3か月で切っちゃえばいいや」という

ブラックじゃなく陰謀かよ!みたいなところに働いちゃって

身体が空いていたところへ、面接がうまくいき2件も内定もらってたんだけど

事務の問題児を受付事務から外すことになった当院にも無理言って面接に来てもらって

そんでもって、うちに決めてくれたんだって!

すごく感じのいい人で、いやー、逆に私なんか仕事できないのにすんません状態。

 

でも、滑り込みセーフでうちに来てくれるなんて!

うちで一番優秀な子のお勧めの人。

そんな人が来てくれるのは嬉しい限り。

 

彼女が入ることで事務がばっちりうまく回れば

まったく仕事できない看護師には何とか辞めてもらって

私が両方で入れば何とかなるんじゃないか。

パートで看護師さん来てもらいたいけど、経験値の高い人に。

 

とにかく!

事務の問題児の言うこともすごくて

 

「医療事務の仕事好きじゃない」

 

マジで「はぁ?」じゃない?

なにそれ。

 

受付でニコニコしてお話してチヤホヤされてたかったんだろうけど、

なぜか人気や信頼厚かったりするのは私だから、つまんなくなったんだろう。

私はチヤホヤされてないけどな。

 

良くされればされるほどに自分を追い詰めてしまうから、

私なんかチヤホヤもされずに放っておかれたいんだが。

 

患者さんからも先日はおじいちゃんから釣り書きついた手紙ももらったし、

一回り下の男の子からも友達になってな手紙を。

妄想爆弾女もそういう段階を踏めば良かったんだよな、せめて。

毒にも薬にもならないお返事しか書かないけど。

 

男ばっかじゃないぞ。

女の子にも絵を描いてもらったり、ハロウィンカード作ってもらったり

抱きしめられたり、握手されたり、相談されたり

まあとにかく、いろいろだ。

 

とにかく、「好きじゃない」仕事をしてる人は秘書業務やってる人の補佐につき、

事務の補助(物品管理とか)とか、やってもらえることになり、

患者さんからは隔離。

しかし、秘書業務に必要な「空気読む」ことができないから、その業務の補佐って。

36歳とかでそんなん、痛々しすぎ。

違う仕事探させてあげた方が本人のためなのに。

 

まあ、仕事にも良縁の風が吹いてるんですよ。むふふ。



意外に働き者 comments(0)
息子と仲良し

本当に気の合う息子たちで、相性ばっちりすぎて面白い。

笑いのツボとか、家族だとか血のつながりとか無関係に面白い。

 

大学で保護者の方々を案内するバイト(後でお金出たのを知って結果的にバイト)をして

「子どもが全然話してくれない」

って保護者の人がいて、

「自分なんか話してて面白くて遅刻したこともある」

と話したら羨ましがられたとか。

 

しかし。

彼が何の勉強をしてどんな成績を取って、どんなとこに就職したいのか

何をしたいのかとかは

 

ぜんっぜん知らない。

 

↑久しぶりだな、こういうテキスト。

 

世の中の保護者の皆さんは、子どもと一体何を話しているのか。

事情聴取みたいなことやってんのかな。

まあ、息子1の場合だったら、私にアドバイスや助けを求めるときは

隠し立てせずにちゃんと言うからな。

息子2は問題の存在を忘れてしまうのが問題であるが、まあ仕方ない。

 

息子2は勉強を見ていただいている無料塾で、すごく相性の合う面倒見の良い方と出会ったことで

前向きに勉強しているようで、中間テストなんかは

「20点くらい上がったし」

という本人の話だ。5教科でだったらどうしよう。でもまあいいや。

 

息子たちと気が合うのは、星座的にもそうなのらしく、

できすぎてて本当に笑ってしまう。

 

しかし、私の新しい恋を、それはそれはそれは心配している息子たちなんでありました。

こないだが悪すぎたからな。

そりゃそうか。

うむ。

 

二の轍はある意味で踏んでるけど、でも大丈夫。

条件だけ見てても間違いなく全然違いすぎて月とスッポン以上だから。

振れ幅すごすぎて自分でも面白い。

あんま心配かけないようにします、ハイ。

 

なんせ息子たち一番好きだしな。仲良しで。

 

で、今日も遅刻した息子1なんでした。

お母さん反省。

(本当は仕事の日だけど、家に工事が入って立ち合いのためゴロゴロしてる)



子どもと赤ん坊ちゃん comments(0)
良縁を呼ぶと
ヒデキさんがあんまりなんで
縁切稲荷とか参拝に勤しんでいた私。

最初に於岩稲荷に行ったら
妄想爆弾女の転院のお知らせが。

その後もいろいろ続いてたけど
心の持ちようが変わったりなのか
ヒデキ遠ざかる。

京都の伏見稲荷でもハニヲにお守りを買って帰ってきてすぐ送ってあげた。
縁切榎のガチャみくじも一緒に。

京都の後はヒデキ静かで何より。

忘れてる日々のうちに、
患者会で気軽に行けそうなのを知らないかと言われて、今度のバーベキューに誘った子。
なんか、竹と話すよりもちょっと面白い。

なぜか彼もだそうで。
今、たった今は、恋の始まりみたいな感じでかわいい毎日。

彼の名を何となくググったら、
うわあ博士だし。
よく分からない呪文業界。

なんかエリートな響きしかない。
病気してるとはいえ、なんでそんなエリートが私に?

謎だ。

でも、かわいい恋愛の始まりみたい。
良縁すぎて若干引いてる私。

まさかそんな風に思う予定じゃないから、竹のことも話してた。だからヤキモチ妬き始めて、それがすごくかわいい。
平均寿命考えても年の差はちょうどいいだとか、でも。
そんなエリートさんが、いくら私を好きでも反対しかされないと思う。
だから、なんというか、心の準備はしておこう。


小さい恋愛 comments(0)
乗り越える兆し
ここにいくら書くことができても
身近な人には言えなかった。
小さい頃の性犯罪被害と、母の目と。
優しくされるのが苦手だからかもしれない。

遊女に自分を重ねる小学生なんて
何度考えてもおかしい。
私は100円で自分を売ってしまい、
それを母に責められた。
いや、そうじゃない。
たかが7歳やそこらの子どもじゃないか。
責められるのは大人の方じゃないか。

かわいそうにと優しくされると、
優しくされ慣れない私は居心地が悪くなる。
人に話せるくらいに持ってこられているなら、今の私をかわいそうだと相手が思わないくらい笑顔でいられるってことだきっと。

だから、きっと乗り越えられそうな気がする。

愛されるのが当たり前みたいに生きてみたい。
せっかく生まれてきたんだもの、一度くらいは。


ってな重苦しい話を年下くんにしたら
「一緒にいることは出来る」
「大丈夫だよ」
「大丈夫じゃないと思ったら一緒にいるから」
って。
ずいぶんかわいく頼もしいじゃございませんか。
まぁ、訳あっていつも付き添ってるお母さんから悪く言われるのも仕事失うのも嫌だから付き合えないけどね。
でも、嬉しかったな。


新しひ主婦の暮らし comments(0)
自慢
地獄組みをした引き戸。
竹は袖壁をやったそうで
「お客さんは大喜び」
だって。
嬉しそうに。

送ってくれた写真はいつも
感情大爆発というか
「すごいな」
「きれいだな」
「よくできた」
そういうのがそのまんま感じ取れる。
私には。

トンチンカンな感想に怒られたって。
それでもまた送ってくれる。
きっとまた。

私が喜ぶのを知っていて。


レンアイもたまーに comments(0)
1/287PAGES >>


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.